HOME > お得情報 > 「キャッシングやカードローンの審査に落ちた方へ」

お得情報

「キャッシングやカードローンの審査に落ちた方へ」

「キャッシングやカードローンの審査に落ちた方へ」

 

当サイトに、各種審査に落ちてしまった方から「amazonギフト券買取」は利用できるのかというご質問を頂くので、そのあたりを少し書いてみます
gift-for-you
【なぜ審査に落ちるのか?】

 

キャッシングやカードローンの審査というのは、当然ですが「お金を返してくれる人かどうか」ということを見極めています

 

大きく分けると

 

・属性情報
・信用情報
・書類情報
・在籍確認
・借入用途

 

などで判断されているようです

 

[属性情報]とは、年齢・収入・勤務先・家族構成など、その人の状況・環境などについての査定項目です

 

年齢は高いほど信用や収入が安定していると思いがちですが、逆に60歳に近づくほど定年も迫ってきますし評価が下がる傾向のようです

 

収入は高いに越したことはないですが、昨年の年収は1000万で今年の年収が0の方より、安定して年収300万の方のほうが評価は高いようです

 

勤務先最強はやはり公務員、続いてサラリーマンなどの勤め人と、やはり安定した職種が好まれるようで、自営業・パートさんなどの評価は下がります

 

家族構成については、親と同居・子供はいない、というほうが評価は高めになるようです

 

[信用情報]とは、簡単にいうとキャッシングやカードローンの利用履歴のことです

 

借入額が多くてもしっかり返済していれば問題ないですが、借入件数が4件を超えていたり総量規制(※)に引っかかるほどの借入額だと難しくなります

 

また、過去に借入を踏み倒しているような場合も厳しいですが、こちらは10年経過すると情報がリセットされることもあるようです

 

[書類情報]とは、本人確認をするための免許証や保険証、収入を証明する源泉徴収票などのことで、自己申告した内容と一致しているかチェックされます

 

保険証の種類で勤務先の規模(大:共済保険→組合保険→社会保険→国民保健:小)などもわかるので評価対象になっているようです

 

[在籍確認]とは、勤務先に電話をかけて「その人が本当に在籍しているかどうか」を確かめる作業です

 

もちろんカード会社の社名を名乗ったりはせず、「いつもお世話になっております○○と申しますが、△△さんいらっしゃいますでしょうか?」といった形で行われるので心配はありません

 

[借入用途]とは、まさに借りたお金を何に使うかですが、何気なく「生活費」などと言ってしまうと評価は最低に…

 

「レジャー」と言うと遊ぶお金で聞こえは悪そうですがあくまでも一時的な出費、「生活費」となると既に普段の生活が破たんしている印象を与えるので控えたほうがよさそうです

 

ここに書いたことが全てではありませんが、少しでも念頭に入れて審査に臨めば、多少は評価も違ってくるかと思います

 

【「amazonギフト券買取」にも審査はあるのか?】

 

さて、上記審査に落ちてしまった方でも「amazonギフト券買取」は利用できるのか?ですが、結果からいえば「大丈夫」です!

 

「amazonギフト券買取」は、本来は誰かから貰った使い道のない「amazonギフト券」を換金する手段ですが、もちろん自分で購入した「amazonギフト券」でも買い取ってもらえます

 

その際には、クレジットカードのショッピング枠を使用して購入することになりますが、「買取業者」としては利用者がクレジットカードを持っている時点で要件を満たしていることになりますので、いわゆる細かい審査は全く必要ありません

 

但し、古物営業法では本人確認が定められていますので、免許証などは用意する必要があります

 

「amazonギフト券買取業者」にとって最も重要なのは「amazonギフト券」の真贋ですので、「amazonギフト券買取業者」の審査とは「amazonギフト券」の審査とも言えるでしょう

 

【「amazonギフト券買取」は違法ではないのか?】

 

違法かどうかでいうと違法ではありませんが、カード会社の規約に引っ掛かる可能性は残ります

 

ただ、この点についても、プレゼントしようとして購入した「amazonギフト券」が何らかの事情で手元に残ってしまったのであれば、業者に買い取ってもらうことは何の問題もありません

 

いわゆるリサイクルと同じですね

 

最初から換金目的で「amazonギフト券」を購入しクレジットカードの支払いも踏み倒す、というのは論外ですのでここでは省いて言いますが、第一にこの流通においては被害者が存在しません

 

・利用者は不要な「amazonギフト券」を換金できる
・amazonはギフト券が売れる
・カード会社はカードを使ってもらえる
・買取業者は販売差額を得る
・業者からギフト券を購入した人はamazonで安く買い物が出来る

 

という点を見れば、公序良俗を乱すことなく需要と供給が成立していると思います

 

しいてあげれば、ショッピング枠の利用ですので、カード会社としては利息のうまみがないというところでしょうが、会員数を増やしたりカードの利用機会を増やすきっかけにはなるかもしれません

 

もちろん返済が滞るリスクもありますが、買取業者としても不正な「amazonギフト券」を買い取ってしまうリスクもありますし、その点で言えば、関わる人たちが普通に誠意をもって利用していれば、今後も問題なく続いていくビジネスだと思います!

 

ということなので、「違法性」については安心して利用してもらっても大丈夫だと思います!

 


最近の口コミ

たまに利用しています
ゴールデンギフトさんでamazonギフト・・・
続きを読む

今後も利用したいと思います
以前からamazonギフト券の買取に興味・・・
続きを読む

親切に対応してくれました
以前違う業者さんでamazonギフト券買・・・
続きを読む

最近のお得情報