HOME > お得情報 > お金の作り方[知識編]その2 「ふるさと納税」

お得情報

お金の作り方[知識編]その2 「ふるさと納税」

お金の作り方[知識編]その2 「ふるさと納税」

 

今回は「お金の作り方」というより「使い方」になりますが、この春(2015/4)改正された「ふるさと納税」、昨年あたりからワイドショーなどでも話題になっていますが、本当にお得なのでしょうか?

 

ということで、なにがどうお得なのかを簡単にまとめてみました

 

meat
 

 

まずは「ふるさと納税」とはなんなのか?ですが、ざっくり言うと

 

〔通常あたりまえに支払っている「所得税」・「住民税」の20%を、好きな自治体に寄付金付き(最低負担額¥2,000)で納めることで、寄付金以上の価値の返礼品が送られてくる〕

 

という感じのシステムです

 

手続きはちょっと面倒くさい気もしますが、

 

① 好みの返礼品を選び、該当する自治体に”寄付”という形で「ふるさと納税」をおこなう(※1)

 

② 寄付した自治体から受領書が届く

 

③ 受領書を添付して確定申告を行う(※2)

 

④ 寄付金から最低負担額(¥2,000~)を差し引いた金額が還付される(※3)

 

⑤ 税務署から居住する自治体に申告情報が通達され、翌年の住民税が減額される(※4)

 

という形になります

 

※1:各個人の収入・家族構成に従って寄付金中の自己負担額は増減します
※2:今回の法改正で、確定申告を必要としない「ふるさと納税ワンストップ特例制度」も始まりましたが、手続き上の話なのでここでは割愛します
※3,4:二つを合わせて、通常納税額に対して最大20%の還付・減税が行われます

 

例えば、年収300万円のかたが、熊本県菊池市に、31,000円「ふるさと納税」した場合、

 

・31,000円(総寄付金) - 2,000円(寄付金負担分)= 29,000円がまるまる所得税還付・住民税減額の形で戻ってくる

 

・寄付金額が30,000円を超えているので、(選択していれば)旭志牛650g、七城の米10kg(計¥10,000以上相当)が返礼品として送られてくる

 

といったことができます

 

2,000円の自己負担で10,000円相当ですから、普通に納税するより確実にお得ではありますね!

 

手続きは面倒ですが、要は、如何に2,000円でお得なものをもらうか?といったイメージになると思います

 

ちなみに、人気商品はすぐ受付終了してしまうようなので、早めに動いたほうがよさそうです!!

 

詳しくはまたの機会に

 

ではまた


最近の口コミ

たまに利用しています
ゴールデンギフトさんでamazonギフト・・・
続きを読む

今後も利用したいと思います
以前からamazonギフト券の買取に興味・・・
続きを読む

親切に対応してくれました
以前違う業者さんでamazonギフト券買・・・
続きを読む

最近のお得情報